4面 攻略

ウィッチを選択する。

特徴

  • 右のほうにカウンターを作成する。

ためこみパターンのときは注意したい。

  • 開始直後は単発を連打する。

ため込む場合もあるが、単発連打パターンのほうが体感では多い。

重要ポイント

対応手を早い段階で用意する。

相手の連鎖をみつけたら、すぐに対応手の作成に移る。
ウィッチ戦までは落下速度がMAXではないため、この方法でぎりぎり対応が間に合うことが多い。

伸ばせるときは一気に伸ばす。

相手が単発しかうってこないときもあり、この場合速攻で組み切って11連鎖以上発火といったことも可能になる。
そのため、わざわざ対応する必要がないときもあるので、それも覚えておく。

お邪魔を受けるタイミングをずらす

序盤からちょっかいを出してくるので、お邪魔を受けつつの整地が重要になる。
そこで、意識したいのは、お邪魔をうけるタイミング。ただ下入力をして早く設置しようとするのではなく、お邪魔を受けてから
すぐに次の手をツモれるようにするのが重要。